プロフィール

みつ太郎

Author:みつ太郎
1940年生まれ。千葉県船橋市在住、妻の実家の三重県多気郡大台町で「日本みつばち」の飼育に挑戦、その奮闘の記録です。
東京都内のビルの屋上や公園での飼育についても報告しています。その他、趣味や出来事等もアップします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
まとめ

2017.5.13 三重県多気郡大台町の日本みつばち巣箱の管理等

2017.5.13 三重県多気郡大台町の日本みつばち巣箱の管理

1DSCN3054.jpg
桜が終わり青葉の季節到来、主力蜜源の「スダジイ」の花が咲き始めました。

2DSCN3050.jpg
待ち箱の近くで、竹の子がニョキニョキ。

3DSC_2722.jpg
冬越した巣箱は分蜂し、蜂の数は半分くらい。

4DSC_2773.jpg
小屋の軒下に置いた巣箱(左側)に分峰群が入りました。捕獲した群1、自然に入った群3、越冬した群1、家の周辺で合計5群となりました。

5DSCN3064.jpg
巣を造り始めています。

6DSC_2757.jpg
暑い時は、羽を震わせ風を巣箱に送ります。

7DSCN3091.jpg
冷凍庫で保存してあった巣屑を溶かし、蜜蝋と「ブンブンエキス」を作りました。

8DSCN3094.jpg
ススメバチ捕獲のため「トラップ」を仕掛けました。

9DSCN3079.jpg
家の庭のレンゲの花です。

10DSCN3084.jpg
地元のOさんが作ってくれた「吊りしのぶ」の野生欄が咲きました。












2017.4.17 三重県多気郡大台町の日本みつばち巣箱の管理等

2017.4.17 三重県多気郡大台町の日本みつばち巣箱の管理

1DSCN2971.jpg
桜が満開、この近くに「待箱」を置かせていただきました。

2DSCN2945.jpg
分蜂前の巣箱の中、ハチでいっぱい。

3DSC_2653.jpg
巣箱から飛びたちます。

4DSCN3003.jpg
4月13日、晴れ、11時30分ごろ「分蜂」、近くの「タイサン木」に蜂玉をつくりました。地上約4メートル、巣箱の上蓋を開け、刷毛で落とし込み捕獲に成功。(捕獲後の写真、分蜂群は写っていません)

5DSCN3020.jpg
1日だけ「ハチマイッター」(信州日本みつばちの会の製品)をつけ、安定していたので外しました。

6DSCN2976.jpg
分蜂前、巣箱の前に「白い物」を見つけました。「小出し病」ではないかと疑いましたが、事無きを得ました。

7DSCN3019.jpg
日本蜜蜂を誘引する、花芽が付いた「金稜辺欄」の網袋を、Gさんに教わった方式で作成しました。

8DSCN3013.jpg
「待ち箱」の横にセット、ハチさんどうか入ってください。

9DSCN2997.jpg
3年ほど前に菌を打ち込んだ「原木しいたけ」、美味しくいただきました。

10DSCN3028.jpg
この時期、国鳥の「きじ」が恋の季節、よく見かけます。



2017.3.16 三重県多気郡大台町の日本みつばち巣箱の管理等

2017.3.16 三重県多気郡大台町の日本みつばち巣箱の管理等

1DSCN2761.jpg
「花モモ」の花は鑑賞用の切花になり、密源です。

2DSCN2743.jpg
間もなく分蜂、巣箱の掃除、修理、楽しみな1年の始まりです

3DSCN2733.jpg
巣落ち防止のため、木の桟(太さ9ミリ)を十文字に入れています。

4DSCN2765.jpg
地元養蜂家のOさん、「穴を開けた容器」に蜜の絞り屑と蜂蜜を入れ、巣箱の中に入れている。探索バチへの意識ずけのため効果ありとのこと。容器を数個いただきました。

5DSCN2769.jpg
「ハチ友」のKさんの巣箱をシイの木の根元に置きました。

6DSCN2772.jpg
北西向き、20メートルほど奥まった所、前が開けています。

7DSC_2636.jpg
蜜を集め戻って来ました。

8DSC_2642.jpg
これも働き蜂、光線の具合で、このようにも写ります。蜂の目が印象的。

DSCN2716.jpg
広島市で同期会があり、平和祈念慰霊碑に参拝の後、近くの「頼山陽史跡資料館」に行って来ました。

10DSCN2718.jpg
頼山陽は、江戸時代後期の儒学者・漢詩人・歴史家、幕末の志士たちに多大な影響を与えた「日本外史」の著者。(史跡資料館のパンフレットより)

2017.2.23 三重県多気郡大台町の日本みつばち巣箱の管理等

2017.2.23 三重県多気郡大台町の日本みつばち巣箱の管理等

1DSC_2603.jpg
家の近くの梅林、満開です。

2DSCN2677.jpg
巣箱は「南向き」に置いています。(巣箱を後ろから見る)

3DSC_2593.jpg
網目8ミリのネットはスズメバチ対策、巣箱の転倒防止のため、そのままにしています。巣門を狭め、ガムテープで隙間を塞いでいます。

4DSC_2610.jpg
暖かい日は採蜜に飛び立ちます。

5DSCN2707.jpg
私の巣箱、3種類。左の巣箱(単箱・永井式)が主流です。

6DSCN2690.jpg
今年、重箱式巣箱の製作を予定しています。宮川森林組合の製材工場から杉板を購入しました。板の厚さは24ミリ、1段の高さは15センチにします。

7DSCN2692.jpg
小屋に運搬、これで10個は製作可能。さて、出来栄えは?。

8DSCN2647.jpg
良い蜜源とされる「ビービーツリー・イヌゴシュユ」(ミカン科)の苗を購入しました。

9DSCN2702.jpg
庭に植えました。(ビニール袋で保護)






2017.1.26 東京都内にある公園の「日本みつばち」の見学等

2017.1.26  東京都内にある公園の「日本みつばちの巣箱」の見学等に行きました。

1DSCN2599.jpg
東京都葛飾区にある公園、巣箱の前の風景です。

2DSCN2601.jpg
仲間のNさんの所有する巣箱です。午後3時に集合しました。
その後、新年会をして今年の予定等を楽しく話合いました。


5DSC_2574.jpg
寒いので蜂達は活動していません。巣箱を軽くたたくと警戒してか、数匹出て来ました。

4DSCN2595.jpg
巣箱に耳をつけ、蜂の居る事を確認するEさん。羽音が聞こえるとのこと。

6DSCN2623.jpg
「アカリンダニ」の被害予防のため「メントールクリスタル」、約30グラム、天上板の所に装着。気化して巣箱の中に拡散させる(気体は重いので下方に広がる)。勉強になりました。

7DSC_2582.jpg
冬の貴重な蜜源、「サザンカ」が咲いていました。

89DSCN2587.jpg
千葉県船橋市の海老川のほとりで、「河津桜」を見ました。もうすぐ春ですね。

前のページ «  ホーム  »  次のページ