プロフィール

みつ太郎

Author:みつ太郎
1940年生まれ。千葉県船橋市在住、妻の実家の三重県多気郡大台町で「日本みつばち」の飼育に挑戦、その奮闘の記録です。
東京都内のビルの屋上や公園での飼育についても報告しています。その他、趣味や出来事等もアップします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
まとめ

2017.1.6 三重県多気郡大台町の日本みつばち巣箱の管理等

2017.1.6 三重県多気郡大台町の日本みつばち巣箱の管理等

1DSCN2568.jpg
このブログを始めてから8年目になりました。試行錯誤ばかりですが取り組みの様子を、私的な出来事も含め、今年も発信させていただきます。

2DSCN2535.jpg
「虎の子」の1群です。庭の隅、紅葉の古木の下、元日の朝日を暖かく感じました。

3DSC_2544.jpg
花粉を運んでいる働きバチが数匹いました。幼虫が居る可能性があります?。

4DSC_2512.jpg

5DSC_2517.jpg
冬の彩り2点、家の周囲で探しました。

7DSCN2583.jpg
千葉県船橋市の自宅に帰り、新年の挨拶回りの途中、中央線の御茶ノ水駅で下車。神田川に架る聖橋を渡って、湯島聖堂(江戸時代の昌平坂学問所)に行きました。これは入徳門とその扁額です。

8DSCN2584.jpg
そこで、孔子ゆかりの「楷木・かいのき」を初めて見ました。秋には紅葉が美しいとのこと、「うるし科」なので蜜源だと思います。

9DSCN2580.jpg
道路を隔てた所にある「神田明神」、今年の幸運を祈願してきました。

2016.12.24 今年の出来事と総括

2016.12.24 今年の主な出来事と総括です。

1DSCN1293.jpg
4月、近くの山の斜面に置いた巣箱に分蜂群が入るのを見ました。デジカメで動画を撮影し、ユーチューブにアップしました。ここは、3年に2回は入る私の宝の場所、動画のアドレスは下記です。

https://www.youtube.com/watch?v=mPU5B1P1FNI


3DSCN1585_201612240937265e8.jpg
都内の公園に置かせて頂いている巣箱の観察会に事務局として参加しました。蜂蜜の味に「美味しい」の声、多数あり。

4DSCN1668.jpg
「信州日本みつばちの会」の講習会に行きました。アカリンダニの予防対策を説明されているのは富永会長さん、です。

5DSCN1962.jpg
「東京日本みつばちの会」の仲間と館山のGさんの蜂場の見学に行きました。巣箱は「重箱式」、分蜂群の取り込み方法等多くのことを学びました。

6DSCN2433.jpg
今年試みた「スズメバチ」対策。8ミリの金網を巣門と全体、2重にしています。

9DSCN2452.jpg
昨年から冬越ししたのが2群、新規に4群を捕獲しました。合計6群いましたが、現在、1群になってしまいました。残存率は約20パーセント、悲喜こもごも、楽しませていただきました。


2016.11.25~28 三重県大台町の日本みつばち巣箱の管理等

2016.11.25~28 三重県大台町の日本みつばち巣箱の管理等

1DSCN2463.jpg
庭の紅葉も色ずき、冬の到来を感じます。朝夕、めっきり寒くなって来ました。

2DSCN2471.jpg
巣箱の前蓋を開け、掃除、「すむしの幼虫」などを掻き出しました。

3DSC_2465.jpg
暖かい日には、活発に採蜜の飛行に飛び立っていました。

4DSCN2457.jpg
庭に置いたもう1つの群、蜂の数が少なく逃去したのではないかと思います。1ヶ月前は良かったのですが・・。手袋をしていなかったので「愛の一撃」を受けました。この時期、面布、手袋の着用は必須ですよ。

5DSCN2465_20161205111100c45.jpg
春、植え替えた「金稜辺欄」、多くが枯れてしまいました。きめ細かい管理が必要なのですね。

6DSC_2460.jpg
結婚50周年、子供たちが三重県にある賢島の「志摩観光ホテル」の1泊旅行をプレゼントしてくれました。偶然ですが、サミットでオバマ大統領が泊まったフロアーと同じでした。部屋の窓から見た夕日です。海の上に「すじ」の様に写っているのは、真珠養殖の筏だそうです。






2016.11.3~10 三重県大台町の日本みつばち巣箱の管理等

2016.11.3~10 三重県大台町の「日本みつばち」の巣箱の管理等

1DSCN2254.jpg
今年は柿が大豊作、「干し柿」をつくりました。

3DSCN2257.jpg
もう1群、家の庭に持ってきました(2群になりました)。巣門の網をピンとガムテープで塞ぐ。運搬距離が近い場合、これで十分。

4DSCN2261.jpg
巣箱の中を覗きました。

5DSCN2271.jpg
巣箱の屋根を作る。幅、約60センチメートル。

6DSCN2304.jpg
「ハンデイタッカー」を使用。

7DSCN2284.jpg
屋根に大スズメバチ防護の網を固定。

8DSCN2285.jpg
野山等に巣箱を置く場合は、この方式が良いのではと考えています。巣門の付近に設置したネットと2重にしていますので、大スズメバチの攻撃から巣は防護出来るのではと思います

9DSC_2420.jpg
朝、前に置いた石に蜂達が集まっていました。

10DSCN2300.jpg
今年植え替えた「ブルーベリー」の紅葉です。

11DSCN2315.jpg
千葉の自宅の菜園で、菊の花が満開になりました。











2016.10.19 三重県大台町の日本みつばち巣箱の管理

2016.10.19  1ヶ月ぶりに三重県大台町の「日本みつばちの巣箱の管理」に行ってきました。すっかり秋の気配です。

1DSC_2318.jpg
近くにオートキャンプ場があり、夏は賑わっていました。

2DSCN2052.jpg
この巣箱は「黄色スズメバチの猛攻」にも耐え、強群を維持。

3DSCN2089.jpg
家の庭に持ってきた群、これも今の所元気です。

4DSC_2329.jpg
「大スズメバチ」が、たくさん来る季節になりました。

5DSCN2076.jpg
夕方3時頃「ねずみピッタンコ」を仕掛けました。2時間ほどで10匹かかりました。巣箱の近くに置いたので、蜜蜂達も捕獲してしまいました。(少し離れた所て置くようにします)

6DSCN2082.jpg
巣門に近くのネットに加えて、巣箱をスッポリ覆うネット(網目8ミリ)を考えました。屋根はコンテナの低いのを使っています。

7DSCN2098.jpg
装着完了、足元は石でしっかり押さえました。効果は如何に。

8DSCN2099.jpg
手前の屋根の下に「ねずみピッタンコ」を入れました。

9DSC_2302.jpg
ネットから入ろうとする「日本みつばち」。

10DSCN2041.jpg
「セイタカアワドチソウ」の花、冬用の蜜源です。





前のページ «  ホーム  »  次のページ