プロフィール

みつ太郎

Author:みつ太郎
1940年生まれ。千葉県船橋市在住、妻の実家の三重県多気郡大台町で「日本みつばち」の飼育に挑戦、その奮闘の記録です。
東京都内のビルの屋上や公園での飼育についても報告しています。その他、趣味や出来事等もアップします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
まとめ

2014.12.22 今年の写真等

2014年も残りわずかとなりました。日本みつばち達には、今年も悲喜こもごも楽しませてもらいました。何枚かの写真で振り返ってみたいと思います。
DSCN4906.jpg
三重県大台町の裏山に置いてある巣箱の1つ、今年も入居してくれませんでした。中学時代の友人のK君とO君が屋根を作ってくれました。芸術的なスタイルですが・・・3年前は入ってくれたのに、来年はどこかに移動する予定です。
DSCN5217.jpg
「待ち箱」に、巣のくずに蜂蜜をたらした発泡スチロールのトレイを置いています。これは私のおまじないのようなものです。蜂が周囲にいれば通ってきて、トレイの蜜が無くなっています。時々アリに占領されていることがありますが、その様なところはあまり良くない様です。
DSCN5312.jpg
春、公開されている皇居内を散策しました。いろいろの花が季節ごとに咲いています。「都内のビルの屋上の蜂達」、この辺まで飛んできて蜜を集めているのかなー。そうとしたら、とても高貴な蜂蜜です。
DSCN5446.jpg
三重県の裏山に置いてあるこの巣箱には、ほぼ毎年自然の分蜂群が入ってくれる「お宝の場所」です。大スズメバチも多いので、採蜜まで至らず残念な思いをすることもあります。「入ったらすぐ移動が良いよ」と蜂仲間から忠告されています。かなり急な斜面のところにあるので、「入ったら、管理がし易い平地に移動しなさい」とも言われています。ついつい遅れて、そのままにしてしまいます。
DSCN5566_20141222143542a5e.jpg
今年、山の持ち主の許しを得て「待ち箱」を置きました。東向きでよい場所だと思ったのですが入りませんでした。来年、場所を移動してみます。林の少し奥まったところが良さそうです
DSCN5626.jpg
昨年置いた巣箱、今年入りました。三重の地元の蜂仲間のOさんは、「3年置いて入らなかったら、その場所は駄目」と言っています。
DSCN6702.jpg
新しく置いた「待ち箱」です。公園の池のそばで前が開けています。来年が楽しみ。
DSCN7263.jpg
近所のIさんが、自分の杉林に置いてみたらと勧めてくれました。いきなり今年、入居しました。少し暗いところなので難しいかな、と思っていました。平地で管理しやすいところです。今年は採蜜せず来年に備えています。(少し余裕が出てきたかなー)
DSCN7559.jpg
飛んでいるのは西洋蜜蜂ですが、私としては自慢の1枚。秋、自宅の近くで撮りました。
DSCN8302.jpg
今年も「シクラメン」をお歳暮に頂きました。有難うございました。











スポンサーサイト

 ホーム