プロフィール

みつ太郎

Author:みつ太郎
1940年生まれ。千葉県船橋市在住、妻の実家の三重県多気郡大台町で「日本みつばち」の飼育に挑戦、その奮闘の記録です。
東京都内のビルの屋上や公園での飼育についても報告しています。その他、趣味や出来事等もアップします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
まとめ

2012.8.9三重県多気郡大台町の状況

お盆休みを利用して、大台町の巣箱の管理等をしました。昨年捕獲した2群の採蜜をしました。現在7群を所持しています。
1つ目は、車で5分ほど行った所の山の斜面、シイの大木の下で昨年の春捕獲した巣箱です。斜面に置いた重箱式の3段の上段を切り離しました。

浦谷の山全景DSCN0374

平坦部にビニールシートを広げ、採蜜の道具(包丁、火吹き竹、針金、インパクトドライバー等)を置き、バケツにお湯を入れ、蓋つきのバケツを用意しました。

切り離し道具DSCN0495

半分ほど巣を切り分けた所です。
巣を半分切り離しDSCN0498

下に継箱し3段に戻しました。混乱していませんので多分逃亡はしないと思います。
再設置DSCN0500

家に戻り、①巣を良い所(右)②蓋のない所(左)に分離しました。糖度計で計測すると①78度、②74度でした。
巣の切り分けDSCN0501

収穫した蜜です。重量は3.5キロでした。
収穫物DSCN0511

2番目の巣、採蜜前の全景です。「自然木の巣箱」を「永井式の巣箱」に移しました。
奥の山・移動前DSCN0324

作業のイメージ図です。
移動イメージ図DSCN0576

巣箱を元の所に置き「ハチまいったー」を設置しました。「ハチまいったー」は「信州日本みつばちの会」の製品です。ハチの群れは落ち着いており、定着すると思います。
移動後設置DSCN0523

ハチまいった―DSCN0521

Oさんから「らん」を頂きました。花の名前は「純白の妖精」です。大切にします、有難うございました。
らんDSCN0458









スポンサーサイト

 ホーム