プロフィール

みつ太郎

Author:みつ太郎
1940年生まれ。千葉県船橋市在住、妻の実家の三重県多気郡大台町で「日本みつばち」の飼育に挑戦、その奮闘の記録です。
東京都内のビルの屋上や公園での飼育についても報告しています。その他、趣味や出来事等もアップします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
まとめ

2011年4月、待箱を設置しました

桜の便りもそろそろ聞かれます。15か所に巣箱を置きました。いろいろなタイプを試しています。

○タイプ1
竪型P4020118
私が、中心的にと考えているスタイルです。管理し易いと思っています。底30センチ×30センチ、高さ45センチ、同じ箱を継ぎ足しで使用します。
○タイプ2
自然木型P4020124

自然の木を使ったタイプです。自然に生息する蜜蜂が一番入り易いと言われています。

○タイプ3
重箱型P4020120
重箱式のタイプです。何段かの箱を重ねます。この方式は1番ポピュラ―と思われます。三段~四段になったら一番上の段を切り離し蜜を採取します。


スポンサーサイト

 ホーム