FC2ブログ

プロフィール

みつ太郎

Author:みつ太郎
1940年生まれ。千葉県船橋市在住、妻の実家の三重県多気郡大台町で「日本みつばち」の飼育に挑戦、その奮闘の記録です。
東京都内のビルの屋上や公園、自宅近くでの飼育についても報告しています。その他、趣味や出来事等もアップします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

2019.8.23 三重県多気郡大台町の日本蜜蜂の巣箱の管理等

2019.8.23 三重県多気郡大台町の日本蜜蜂の巣箱の管理等に行ってきました。

1DSC_3713.jpg
中国地方を横断した台風10号の影響で、大荒れでした。

2DSCN7110.jpg
冬越しした巣箱の採蜜をしました。左にお湯、右に巣を入れるバケツ等を準備。

3DSCN7108.jpg
今年は採蜜と同時に、ハチを単箱式から重箱式の巣箱に移します。

4DSCN7111.jpg
少し離れた木陰で、この空箱を前にセット、左が冬越しした採蜜する巣箱。

5DSCN7112.jpg
裏蓋を開け、ハチを奥に追いながら、ゆっくり巣を採取。

6DSCN7116.jpg
作業中、ハチは最後に、上の巣箱に移動させました。

7DSCN7130.jpg
元の場所に新しい巣箱を置き、無事、作業完了!!。応援の給餌をしました。

8DSC_3739.jpg
網目8ミリのネットを装着、ハチは落ち着いて、活動を開始しています。

9DSCN7134.jpg
蜜が自然に落ちるのを待ちます。

10DSCN7169.jpg
2升強、美味しい蜂蜜をいただきました。

11DSC_3718.jpg
強勢群の巣の周り、こんな「ハチ球」をよく見ます。中には黄色スズメバチ。

12DSC_3693.jpg
暑い日、巣箱の入り口で風を送る。

13DSCN7199.jpg
今年入った巣箱、西日が当たるのでチョット心配、板は「日除け」のつもり。

14DSCN7155.jpg
昆虫タモで黄色スズメバチを捕獲し、「スズメバチ酒」を造っています。

15DSCN7157.jpg
息子が来て、家の周りの草刈をしたり、好物の「うな重」をご馳走してくれました。

16DSC_3736.jpg
何年かぶりで「カブトムシ」を見ました。家の周りに戻ってきたみたい、スイカは道の駅で買ってきました。

17DSCN7150.jpg
「サルスベリの花」、この時期の蜜源です。

18DSCN7185.jpg
タラの木の花も咲いていました。



スポンサーサイト



2019.7.21 三重県多気郡大台町の日本蜜蜂の巣箱の管理等

2019.7.21 三重県多気郡大台町の日本蜜蜂の巣箱の管理等に行ってきました。

1DSCN6890.jpg
田舎は空家が多くなってきました。家主さんを探し、了解を得て巣箱を置かせていただくことが養蜂場所を増やす秘訣だと思っています。お礼は、寸志ですが採れた蜂蜜で。

2DSCN6889.jpg
裏の斜面にある古い水槽小屋の横、奥の木の根元、久しぶりに2群、入りました。

3DSCN6994.jpg
今年、7群目を捕獲、待ち箱の捕獲率は約30パーセント、上出来です(^-^)。

4DSCN6898.jpg
4月、初めて入った農業用水路沿い、岩陰に置いた巣箱です。

5DSCN6896.jpg
蜂が逆さの「二見浦の夫婦岩」の様、裏蓋は水分でじめじめ、状態はあまり良くないと判断しました。

6DSCN6963.jpg
家の近くで飼うことにし、軽自動車で運んできました。

7DSCN6967.jpg
夕方、家の裏へ運ぶ。

8DSCN6965.jpg
重かった!。

9DSCN7011.jpg
裏蓋を新しい板に変えました。蜂は主に下の方に固まって、落ち着いています。

10DSC_3663.jpg
出る蜂、帰る蜂、ハチあわせ(巣門にて)。

11DSCN6951.jpg
ブルーベリーの収穫が本格的になりました。21本あります。

12DSCN6953.jpg

13DSCN7010.jpg
妻がジャムを作ってくれます。

14DSCN6987.jpg
先月噛まれた「山ビル」の正体。

15DSCN6913.jpg
クチナシの花では蜜蜂は見かけません。

16DSCN6943.jpg
ノーゼンカズラには蜜蜂やスズメバチがよく来ます。


2019.6.23 三重県多気郡大台町の日本蜜蜂の巣箱の管理等

2019.6.23  三重県多気郡大台町の日本蜜蜂の巣箱の管理等に行ってきました。

1DSCN6633_2019062310001727b.jpg
日本蜜蜂が住む「常緑広葉樹」の里山、主体はスダジイです。

2DSCN6651_20190623100019dc1.jpg
蟻酸20ccを投入した巣箱、復活していました。効果があったようです。このまま、様子を見ることにしました。

3DSCN6615_201906231000206e7.jpg
冬越した巣箱も元気です。

4DSCN6678_20190623100820282.jpg
今年は好調、これは4月に入った巣箱。箱の回りの草刈をしていて、耳タブを「チクリ」とやられました。巣箱の近くで作業するとき、「面布」する事必須です。
5DSCN6668_20190623100822146.jpg
前蓋を開け、底板の掃除をしました。早くも巣箱の半分ぐらいに巣が成長、今年、採蜜出来るかも。

6DSCN6637_20190623100823635.jpg
新しく4群を確認し、今年は6群捕獲に成功です。!!

7-2DSCN6647_20190623101610d41.jpg
昨年も入りましたが、今年も捕獲しました。

7DSCN6643_2019062310161238b.jpg
駄目かと思っていた所、入っていました。

8DSCN6664_20190623101613dd2.jpg
公共施設の橋台に置かせていただいています。箱の後ろ側に氏名、携帯電話の番号等を掲示することにしました。

9DSC_3651_201906231016152e9.jpg
巣箱に風を送る。

10DSCN6701.jpg
金稜辺蘭の植え替えをしました。

11DSCN6685.jpg
足を「ヒル」に噛まれました。山に入る時、要注意。運動靴の靴下の上から、始めての経験です。

12DSCN6690.jpg
家の裏の木をプロにお願いして伐採、見違えるようにキレイになりました。

13DSCN6616_201906231034093dc.jpg
家の近くに落ちていた鹿の角、Yさんに進呈しました。

14DSCN6631.jpg
栗の花は蜜源です。少し癖のある蜜が採れるそうです。



2019.6.4  千葉県船橋市での日本蜜蜂養蜂の試み

2019.6.4  千葉県船橋市での日本蜜蜂養蜂の試み

0DSCN6321.jpg
5月初旬、家庭菜園のブロッコリーの花が満開です。

1DSCN6302.jpg
かなりの数の日本蜜蜂を見ました。2キロ以内に巣があるように思われます。

2_20190604225159b9a.jpg
金稜辺が1株咲き、「待ち箱」の前に置きました。

3DSCN6591.jpg
花はこんな様子です。

5DSCN6343.jpg
自宅から自転車で10分ぐらいの所、ネズミモチの木の下に「待ち箱」を置かせていただきました。

8DSCN6564.jpg
今年のダービーは伏兵が勝ちました。馬券は「はずれ」です(笑)。(中山競馬場のモニターより)

10DSCN6536.jpg
「矢車草」には蜜蜂が来ています。

11DSCN6601.jpg
今回、「ハナショウブ」に蜂は見かけません。


2019.5.8 三重県多気郡大台町の日本蜜蜂の巣箱の管理等

2019.5.8 三重県多気郡大台町の日本蜜蜂の巣箱の管理等に行って来ました。

1DSCN6377.jpg
裏山はスダジイの林、桜に続き、この地方の分蜂の季節です。

2DSCN6469.jpg
冬越し出来た巣箱、滞在中、分蜂はありませんでした。

3DSC_3588.jpg
蜂達は花粉を運んでいましたが、蜂の数が減っているように感じました。「アカリンダニ」の感染防止のため、蟻酸、10ccを入れました。

4DSCN6366.jpg
Kさんから預かっている巣箱です。

DSCN6426.jpg
今年捕獲し、強勢で嬉しく思っていましたが・・・。

6DSCN6498.jpg
約10日後、蜂の数が半分ほどになっていました。

7DSCN6488.jpg
「アカリンダニ」の感染が疑われます。以前、「信州日本みつばちの会」で購入した「蟻酸」を投入し、様子を見ることにしました。

8DSCN6500.jpg
巣箱の奥に20cc入れました。

9DSCN6375.jpg
今年、捕獲した巣箱です。今の所、健全と思われます。

10DSCN6483.jpg
金稜辺欄の入れ物を自作、良く出来た?

11DSCN6437.jpg
宮川の上流はキレイですよ。間もなくアユ釣りが始まります。

12DSCN6506.jpg
シャクヤクの花、蜂は見かけません。

13DSCN6388.jpg
ブルーベリーはこんな花、「マルハナバチ」でにぎやかです。

14DSCN6397.jpg
フジの花、この時期の良い蜜源です。


 ホーム  »  次のページ